<60分3本勝負> ジャンボ鶴田 対 フリッツ・フォン・エリック Jumbo Tsuruta vs Fritz Von Erich #プロレス #AllJapanProWrestling 7/19/1975 ジャンボ鶴田 vs フリッツ・フォン・エリック #014 PWF王座大移動劇特集 1978.06.01 秋田県立体育館 PWF認定ヘビー級選手権試合 ジャイアント馬場 vs キラー・トーア・カマタ. フリッツ・フォン・エリックの「弟」を名乗り(実際には血縁関係はない)、ナチス・ギミックのドイツ人 ヒールとして活躍した 名前 職業 握力(kg) ソース; フリッツ・フォン・エリック: プロレス: 130: スポニチ: ユーリ・セディフ: ハンマー投げ: 120~130 お父さんのフリッツ・フォン・エリックさんも1997年に癌のため68歳で亡くなられました。 その後、ビンスはエリック一家をプロレスの殿堂に迎え入れました。 ランス・フォン・エリック(Lance Von Erich、本名:William Kevin Vaughn、1960年4月24日[1] - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー。テキサス州アーリントン出身[1]。生年は1959年ともされる[3]。, フリッツ・フォン・エリックのギミック上の弟だったワルドー・フォン・エリックの息子と称し、ケビン・フォン・エリックやケリー・フォン・エリックの「従兄弟」という設定のもと、甘いマスクと筋肉美を持つベビーフェイスとして活動した(実際には、ワルドーおよびフォン・エリック・ファミリーとの血縁関係はない)[2]。, 同じくボディビルダーだったビリー・ジャック・ヘインズにスカウトされ、1985年2月に太平洋岸北西部のパシフィック・ノースウエスト・レスリングにてデビュー[1](デビュー年は1984年ともされる[3])。リッキー・ヴォーン(Ricky Vaughn)をリングネームに、1985年5月11日にヘインズと組んでケンドー・ナガサキ&メガ・マハリシからNWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座を奪取[4]。8月3日にはトーナメントの決勝でマイク・ミラーを破り、同地区のフラッグシップ・タイトルだったNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を獲得、11月9日にボビー・ジャガーズに敗れるまで保持した[5]。, 同王座戴冠中、フリッツ・フォン・エリックが主宰していたテキサス州ダラスのWCCWに、ランス・フォン・エリック(Lance Von Erich)と名乗って登場。10月28日にフォートワースにて、リック・フレアーのNWA世界ヘビー級王座に挑戦した[6]。パシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座陥落後の11月11日より本格的にWCCWに参戦し[6]、ケビン、ケリー、マイク・フォン・エリックらの従兄弟として活動[2]。以降、フォン・エリック・ファミリーの一員となって、団体名がWCWAと改称された翌1986年は、ファビュラス・フリーバーズ、ワンマン・ギャング、リック・ルード、ザ・グレート・カブキ、ブラックジャック・マリガンなどのヒール勢と抗争[7]、ブルーザー・ブロディともタッグを組んだ[8]。1986年3月24日、バディ・ロバーツを下してTV王座を獲得[9]。5月4日にはケビン&ケリーとのトリオでフリーバーズからWCWA世界6人タッグ王座を奪取した[10]。, 1986年は、当時WCWAと提携していた新日本プロレスに来日し、10月9日に両国国技館で開催されたイベント『INOKI闘魂LIVE パート1』にて木村健吾と対戦したが[11]、低調な試合ぶりで実力不足を露呈した(同月13日開幕のシリーズにも継続参戦する予定だったが、心臓疾患を起こして帰国したとされる)[1]。帰国後の11月17日、ディンゴ・ウォリアーこと後のアルティメット・ウォリアーと組んで、マット・ボーン&ジョージ・ウェルズを破りWCWA世界タッグ王座を獲得している[12]。, 1987年下期にWCWAを離脱し、ファビュラス・ランス(The Fabulous Lance)とリングネームを変更して、WCWAの対抗勢力として旗揚げされた新団体ワイルド・ウエスト・レスリングに参戦[2][8]。その際、フリッツ・フォン・エリックはTVにて、彼が本当のファミリーではなかったことを暴露した[2]。ワイルド・ウエスト・レスリングにはビル・アーウィンやキング・パーソンズなども出場していたが、同年に活動を停止[13]。その後はカルロス・コロンが主宰するプエルトリコのWWCに登場、アブドーラ・ザ・ブッチャーとも対戦した[2]。, 以降はリングから離れていたが、1993年5月7日、再びランス・フォン・エリックと名乗ってニューヨークのインディー団体に出場し、グレッグ・バレンタインと対戦[14]。同年12月にはインド、翌1994年7月には南アフリカに遠征、1996年3月にはマレーシアにてジム・ナイドハートやバンパイア・ウォリアーと対戦した[8]。, The WCCW matches fought by Lance Von Erich in 1985, The WCCW matches fought by Lance Von Erich in 1986, The IWCCW match fought by Lance Von Erich in 1993, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ランス・フォン・エリック&oldid=78022300. ケリー・フォン・エリック 運命にほんろうされた鉄の爪――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第57話> 4月11日(水) 8:31 提供: 『強烈なガチンコ勝負』 プロレス プロレス最強列伝 超絶ヘッドバットVS鉄の爪アイアンクロー[PRDN-0004][DVD] 猫の名前はシロちゃんさんのレビュー評価・評判。価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、出演者・臨場感・熱血度など気になる項目別に徹底評価! 1979.02.10 シカゴ・インターナショナル・アンフィシアター 〝鉄の爪〟フリッツ・フォン・エリックといえば、2月4日に「ジャイアント馬場23回忌追善興行」が行われる馬場の最大の宿敵だった。 エリックが日本プロレスに初来日したのは昭和41年(1966年)の11月27日。もう54年も前になる。 ワルドー・フォン・エリック(Waldo Von Erich、本名:Walter Paul Sieber、1933年 10月2日 - 2009年 7月5日)は、カナダ・オンタリオ州 トロント出身のプロレスラー。. ジャンボ鶴田vsフリッツフォンエリック 79.1.5川崎 pwfヘビー級戦 アブドーラザブッチャーvsジャイアント馬場 79.2.10イリノイ ☆第47回 awa世界ヘビー級戦 Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. ジャイアント馬場vsディックザブルーザー 75.4.10宮城 ☆第14回 サムソンクツワダ、ザデストロイヤーvsキラーコワルスキー、ミスターレスリング ジャンボ鶴田vsフリッツフォンエリック 79.1.5川崎 pwfヘビー級戦 アブドーラザブッチャーvsジャイアント馬場 79 フリッツ・フォン・エリック: アブドーラ・ザ・ブッチャー: 地獄突き: ノド-2コマに分けて: 1巻 「ホゲ~~ッ!」 アブドーラ・ザ・ブッチャー: ヘイスタック・カルホーン: ストンピング: 腹: : 初嘔吐ホゲー: 1巻 「ホゲッ」 アブドーラ・ザ・ブッチャー フミ 鉄の爪一家を語るなら、まずその父親であるフリッツ・フォン・エリックの説明から始めないといけないですね。 フリッツは第2次世界大戦後、1950年代のアメリカマットに登場したんですが、最初は“ナチスの亡霊”キャラクターだったんです。 フリッツ・フォン・エリックとは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 ジャンボ鶴田 vs フリッツ・フォン・エリック. 1979.02.10 イリノイ州シカゴ・インターナショナル・アンフィシアター アブドーラ・ザ・ブッチャー vs ジャイアント馬場 #047. フリッツ・フォン・エリック(Fritz Von Erich、本名:Jack Barton Adkisson、1929年8月16日 - 1997年9月10日)は、アメリカ合衆国のプロレスラー、プロレスリング・プロモーター。テキサス州ジュエット出身。, ギミック上の出身地はドイツ・ベルリン。アイアン・クローの開祖として知られ、「鉄の爪」はそのまま彼の異名にもなった。元AWA世界ヘビー級王者。, 引退後はテキサス州ダラスおよびフォートワースを本拠地とするプロレス団体WCCWのプロモーターとして活動した。, サザンメソジスト大学時代にアメリカンフットボールで活躍した後、スチュ・ハートのコーチを受けて1954年にプロレスラーとしてデビュー。ナチ・ギミックのヒールとなって活動し、カナダのトロント地区ではホイッパー・ビリー・ワトソンと抗争[1]。このギミックの先達であるハンス・シュミットともタッグを組み[2]、1950年代後半からは「弟」という設定のワルドー・フォン・エリックとの兄弟タッグでも悪名を売った[3]。, 1960年代はアマリロ地区でドリー・ファンク・シニアとも抗争し[1]、パット・オコーナー、バディ・ロジャース、ルー・テーズ、ジン・キニスキーなど、歴代王者が保持していたNWA世界ヘビー級王座にも各地で再三挑戦している[4]。, 1961年12月1日、ミシガン州デトロイトでディック・ザ・ブルーザーからUSヘビー級王座を奪取[5]。, 1962年7月21日にネブラスカ州オマハでバーン・ガニアから、世界ヘビー級王座(オマハ版)を奪取[6]。バーン・ガニアに敗れ同王座から転落するが、1963年7月27日には再びネブラスカ州オマハにおいてバーン・ガニアを破り、オマハ版世界王座を奪回[6]とともに、ガニアが同時に保持していたAWA世界ヘビー級王座も獲得し第9代王者となった[7]。, 1966年よりテキサス州ダラスでNWA傘下の団体NWAビッグタイム・レスリング(NWA Big Time Wrestling)を設立。大ヒールからベビーフェイスに転じ、同年12月にはフラッグシップ・タイトルであるNWAアメリカン・ヘビー級王座の初代チャンピオンとなり、以降はビッグタイム・レスリングのオーナー兼エースとして活躍。アメリカン・ヘビー級王座には1966年から1977年にかけて、ブルート・バーナード、ザ・スポイラー、バロン・フォン・ラシク、ジョニー・バレンタイン、ボリス・マレンコ、トール・タナカ、ブラックジャック・マリガン、ブルーザー・ブロディ、オックス・ベーカーらを破り、通算15回に渡って戴冠した[8]。その間、1972年にはドリー・ファンク・ジュニアのNWA世界ヘビー級王座に度々挑戦[4]。1975年から1976年まではNWAの会長職も務めている。, 1981年より団体名をWCCW(World Class Championship Wrestling)に改称し[9]、1982年6月4日のキングコング・バンディ戦を最後に現役を引退[10]。以降はプロモート業に注力し、WCCWのボスとして黄金時代を築く。自身の息子たち(ケビン、デビッド、ケリー)をエースに、フェイスターンしたブルーザー・ブロディが彼らの助っ人を務め、ヒール陣営ではザ・グレート・カブキ、ファビュラス・フリーバーズ、ジノ・ヘルナンデスらが活躍、NWA世界ヘビー級王者のハーリー・レイスやリック・フレアー、アンドレ・ザ・ジャイアントも招聘して北米有数の繁栄テリトリーとした。なかでも、マネージャー兼ブッカーのゲーリー・ハートが手掛けたフォン・エリック兄弟とフリーバーズの抗争アングルは、アメリカのプロレス業界誌『レスリング・オブザーバー』の "Feud of the Year" に、1983年と1984年の2年連続で選ばれたほどのドル箱カードとなった[11][12]。, 一方で、長男のハンス(ジャック)・アドキッソン・ジュニアが幼くして不慮の事故により早世して以降、デビッド、ケリー、マイク、クリスと息子たちがことごとく死去したため、「呪われた一家」とも囁かれた(デビッドは日本で急死、ケリー、マイク、クリスは自殺[13])。健在なのは次男(フォン・エリック兄弟としては長男)のケビンだけとなっている。, 1986年2月、当時のNWA会長ジム・クロケット・ジュニアの発言力が増してNWA内部のパワーバランスが崩れ始めたことを機に、団体名をWCWA(World Class Wrestling Association)と改称してNWAを脱退[9]。1989年にはWWFとの興行戦争に抗するべくテネシー州メンフィスのCWAと合併し、新たに発足したUSWAのダラスにおける興行を手掛けるが、最終的にはメンフィス派と袂を分かちプロレスリング・ビジネスから撤退した。その後、長年連れ添った夫人とも離婚し、1997年にがんのため死去。68歳没[13]。, 2009年、フォン・エリック・ファミリー(フリッツ、ケビン、デビッド、ケリー、マイク、クリス)としてWWE殿堂に迎えられ、顕彰セレモニーにはケビンが出席した。, 1966年11月、日本プロレスに初来日(当時の日本プロレスは、同年8月に旗揚げを発表した東京プロレスへの妨害工作や牽制を進めており、その一環として、日本武道館におけるプロレス初開催の準備と並行してフリッツの招聘交渉を開始していた)[14]。来日第1戦となる11月28日、大阪府立体育館でジャイアント馬場のインターナショナル・ヘビー級王座に挑戦[15]。12月1日には名古屋市金山体育館にてターザン・ゾロと組み、馬場&吉村道明が保持していたインターナショナル・タッグ王座の初防衛戦の相手を務めた[15]。帰国前の12月3日にも日本武道館で馬場のインターナショナル・ヘビー級王座に再挑戦したが、これは武道館におけるプロレス初興行のメインイベントでもあった[16]。馬場の同王座には、再来日時の1967年5月27日に札幌中島スポーツセンター[17]、1969年12月19日にロサンゼルスのオリンピック・オーディトリアム[18]、3度目の来日時の1970年3月3日に愛知県体育館[19]、4度目の来日時の1971年9月4日に田園コロシアムで[20]、通算6回に渡って挑戦した。, また、1967年5月23日にはギミック上の「弟」であるワルドー・フォン・エリックとのコンビで馬場&吉村道明、1970年3月7日にはプリンス・イヤウケアと組んで馬場&アントニオ猪木のBI砲が保持していたインターナショナル・タッグ王座にもそれぞれ挑戦[17][19]。1971年9月6日には札幌中島スポーツセンターにおいて、猪木の持つユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座にも挑戦した[20]。日本プロレスの最後のシリーズに参戦した1973年4月の来日時には、エリックのナチ・ギミックを継承していた「青銅の爪」キラー・カール・クラップをパートナーに、4月18日に焼津で大木金太郎&上田馬之助からインターナショナル・タッグ王座を奪取している(帰国後に王座を返上し、後任にカール・フォン・スタイガーがクラップのパートナーとなって戴冠)[21][22]。, 日本プロレス崩壊後の1973年12月には、ジャイアント馬場が前年に旗揚げした全日本プロレスに来日。12月13日に大阪府立体育館、翌14日に日大講堂で、馬場のPWFヘビー級王座に連続挑戦した[23]。1975年の再来日時には、当時のNWA世界ヘビー級王者ジャック・ブリスコへの挑戦権を賭けて、7月25日に日大講堂で馬場とテキサス・デスマッチで対戦している。最後の来日となった1979年には、1月5日に川崎市体育館で、馬場の弟子であるジャンボ鶴田の「試練の十番勝負」最終戦の対戦相手を務めた[24]。すでに全盛期を過ぎていたものの、リング下でセコンドに付いていた若手選手時代の大仁田厚を、アイアン・クローをかけてそのままリング上に引きずり上げるなど、往年の迫力は健在だった。, 日本には日本プロレスに5回、全日本プロレスに3回、通算8回来日した。このうち、1967年5月、1970年2月、1973年4月の日本プロレスへの参戦時は、彼の代名詞でもあるアイアン・クローをシリーズ名に冠した『アイアン・クロー・シリーズ』なる短期シリーズへの外国人エースとしての来日であり、通常のシリーズへの来日時も、いずれも数日間の特別参加という超大物扱いだった[25]。当時、アメリカではベビーフェイスに転向していたが、日本ではヒールに徹した。, また、テキサス州ダラス地区のプロモーターとして、息子たちやブルーザー・ブロディ、ジノ・ヘルナンデス、ファビュラス・フリーバーズなど数々の選手を日本にブッキングした。1985年頃から日本での提携先を全日本プロレスから新日本プロレスに変更したが、自身は新日本に来ることはなかった。, 息子たちがまだ幼い頃、一緒に来日した際に広島市の広島平和記念資料館を見学させ、戦争の悲惨さを繰り返し説いていたという。, パット・オコーナー | バーン・ガニア | ジン・キニスキー | ミスターM | クラッシャー・リソワスキー | フリッツ・フォン・エリック | マッドドッグ・バション | イゴール・ボディック | ディック・ザ・ブルーザー | ドクターX | ニック・ボックウィンクル | オットー・ワンツ | ジャンボ鶴田 | リック・マーテル | スタン・ハンセン | カート・ヘニング | ジェリー・ローラー | ラリー・ズビスコ | マサ斎藤, 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史vol.18』P45 - P50(2016年、ベースボール・マガジン社、, The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches, NWA United States Heavyweight Title [Detroit, Gary Hart: ‘With a little help from my friends’, JWA 1970 Dynamic Series & Iron Claw Series, NWA Southern Tag Team Title [Mid-Atlantic, NWA North American Heavyweight Title [W. Texas, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=フリッツ・フォン・エリック&oldid=80016782. フリッツ・フォン・エリック FRITZ VON ERICH 本名:ジャック・アドキッセン 1929年8月16日 テキサス州シューウィット出身(ギミックとしてはドイツ・ベルリン出身) 195cm 120kg タイトル歴:AWA世界ヘビー テキサスヘビー アメリカンヘビー インタータッグ ジャイアント馬場vsフリッツフォンエリック 75.7.25日大 ジャンボ鶴田、天龍源一郎 vsケビンフォンエリック、デビットフォンエリック 81.6.10秋田 ☆第23回 80世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 リッキースティムボート、ディックスレーター フリッツ・フォン・エリック(Fritz Von Erich、本名:Jack Barton Adkisson、1929年 8月16日 - 1997年 9月10日)は、アメリカ合衆国のプロレスラー、プロレスリング・プロモーター。 テキサス州ジュエット出身。. ケビン・フォン・エリック(Kevin Von Erich、本名:Kevin Ross Adkisson、1957年 5月15日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー。 。「鉄の爪」フリッツ・フォン・エリックの息子(次男。 レスラーのフォン・エリック兄弟としては長男)である。 スカパー!cs257 日テレジータスにて、01/07(木) 02:00~04:00より放送。<必殺!アイアンクロー“鉄の爪”エリック一家> 1966年12月3日~日本武道館 インターナショナルヘビー級選手権試合「ジャイアント馬場×フリッツ・フォン・エリック」 ランス・フォン・エリック(Lance Von Erich、本名:William Kevin Vaughn、1960年 4月24日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー。 テキサス州 アーリントン出身 。 生年は1959年ともされる 。. 1978.06.12 一宮市産業体育館 PWF認定ヘビー級選手権試合